矯正歯科

新着情報リスト

立川の矯正歯科で歯並びのコンプレックスを解決

医師

大人になってから歯並びが気になりだしたという人は、実は結構多いものです。仕事にもよりますが、特に接客業にもなるとお客さんと笑顔で接する機会というのも増えますから、ひょっとしたら、自分の歯並びはおかしいのではないかと、悩んでしまうそうです。
出っ歯や受け口など、歯に関するコンプレックスを解消したいのなら、立川の矯正歯科で診察してみることをお勧めします。地域を立川に限定しているのは、このあたりの矯正歯科が東京のなかでも、とりわけ優秀な矯正歯科医が多数在籍しているのです。
歯の矯正については、歯にワイヤーをつけ、時間をかけて歯を正常な位置に戻すという方法がありますが、これは歯が完全にそろっていない子供むけの治療法です。大人は場合によっては抜歯をしないと矯正が難しいこともあるのですが、症状が軽微な人や、歯というよりもアゴに問題があるときは、抜歯をせずに矯正することも可能です。
こう聞くと、なかなか大変そうだなと思われるかも知れません。しかし、立川市内の矯正歯科医は、患者のそういった不安にも真摯に向き合い、丁寧な説明を繰り返すことで、不安を払拭してくれます。そのため、わざわざ遠方から立川まで診察に訪れる人もいるくらいです。歯並びにコンプレックスを抱えられている方はぜひ立川に足を運んでください。

出っ歯でお悩みの方は立川の矯正歯科に相談

子供のときはそれほど気にしていなかったのに、大人になってから急に歯並びが気になってくると、その段階での歯列矯正は難しいものがあります。子供ならまだ歯の生え変わりの時期に矯正を施すことで、自然な歯並びにすることも可能なのですが、大人はすでに永久歯が揃っている状態なので、ただ矯正器具を付けるだけでは矯正しづらいのです。
立川の矯正歯科なら、こういった大人の歯の悩みにも真摯に答えてくれます。ひと口に矯正と言っても現在の歯の状態によって治療法は異なります。
例えば出っ歯の場合、前方に突き出た歯を収納するために抜歯をして前歯を戻せるスペースを作る必要があります。また上下のかみ合わせが悪いという場合は、アゴを矯正する器具を用いることで歯並びが改善します。
矯正歯科の矯正と言うと、歯そのものに目が行きがちですが、この世に同じ人間が一人以上存在しないように、歯や歯茎、アゴの状態も人によってさまざまです。立川の矯正歯科では、こういった細かく入り組んでいる歯の悩みも、丁寧な問診と適切なプランの提示によって、ベストな矯正をすることができます。立川にお住まいの方で、大きく口を開けて笑えない人は矯正歯科で悩みを打ち明けてみましょう。

きれいな歯並びに直せる立川の矯正歯科

立川在住の方で、小学生のお子さんの歯の矯正に悩んでいるのなら、できるだけ早く立川の矯正歯科に通うことをお勧めします。小学生の頃は、乳歯が生え変わって永久歯に変わりますが、その過程で歯が上手く生えてくれないと歯並びが悪くなり、見た目も悪くなってしまいます。矯正には時間が非常にかかるため、子供うちからやって置きましょう。大人になると、歯並びによっては抜歯をしないと矯正できないケースも出てくるため、完全に成長しきっていない子供の時期こそが歯列矯正のベストタイミングなのです。
ひと昔前は小学校でもニッコリ笑うと金属製の矯正器具が見えるという子供がいました。それは今でもありますし、安価なのですが、見栄えはあまり良いとは言えませんね。お子さんにそういう器具はつけたくないという親御さんはセラミック製の矯正器具を検討してみるのも良いでしょう。セラミックは半透明なので近付いてじっくり観察しないとわかりませんし、もしお子さんに金属アレルギーがあっても、安心して使用できます。
立川の矯正歯科では費用や期間など、詳しい説明をとても丁寧にしてくれます。歯のことで気になったら一人で悩まずにぜひ矯正歯科に連絡してください。