矯正歯科

大人こそ歯列矯正

歯ブラシ

日本人の歯並びは国際的に見ても「良くない」というのはご存知でしたか?確かに近年でこそ「ホワイトニング」や「歯列矯正」の認知度は高いですが、自分の小さな頃には一般的ではなかったような記憶があります。基本的な骨格の差から「顎が小さい」日本人は、歯並びが悪くなりやすいようです。若年層の「よく噛まない」ことによる弊害で「顎が小さくなる」という話も最近はよく耳にしますので、これは楽観視できない事態です。
乱れた歯列を矯正するために必要な矯正歯科での歯列矯正は一般的に弱年齢から始めることが望ましいとされていますが、逆に「成長が止まってしまっている成人」の方が完了までの期間が短いそうですので、「もう今更遅い」というような悲観はする必要がありません。社会人が歯列矯正を考えた場合にネックになるのが見た目ですが、近年では矯正歯科の歯列矯正の技術が発達しているので、「お馴染みの針金のような矯正器具を歯の裏側に施す」「夜寝る時につけるマウスピース」等、方法は様々なあります。
それぞれメリットデメリットがありますが、選択肢が多いというのは助かりますよね。ご自分に合った矯正歯科で歯列矯正の方法を探してみてください。完了までの期間は1~3年程度と言われており、どんな方法にも若干の違和感や痛みが伴い、慣れるまでの苦痛はあるようですが、我慢して得られるものも多い「歯列矯正」です。